MENU

エクオールサプリの持つ効果

 

【完全版】エクオールサプリ完全比較2018年|効果の嘘・本当とは?

 

更年期に入ってしまった女性の方でも、更年期障害による症状が重いという方は、エクオールという成分が不足していることが原因となっていることがあります。

 

エクオールというのは、女性の心身に働きかける女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを見せる成分で、更年期障害を軽減させる役割を持っています。

 

ですが、このエクオールという成分は、女性2人がいれば、1人しか作れないと言われており、誰でもエクオールを体の中で作ることができるわけではありません。

 

エクオールサプリを飲むことによって、体に不足がちになっているエクオールを補うことができます

 

エクオールサプリについて効果はどういったものがあるのかを紹介していきます。

 

 

エクオールが作れる人との違い

関西・中国・四国・九州地地方の方は要注意!?

エクオールは腸内細菌が生み出す成分ですが、最初にも述べた通り、エクオールは誰でも体内で作ることができるわけではありません。
女性2人のうち1人が作れる成分ですが、これは日本人の場合で、欧米ではもっと少ないとされています。

 

まず、日本の場合では、関東と関西に分けると、関東の人のほうがエクオール生産量は上回っています。
これは、大豆を原料としている納豆などを食べる人が、関西には少ないからだとされています。

 

20代の女性は特に、エクオールを生産する量が減っています。
その理由としては、食生活が段々と欧米化していることが原因とされています。

 

食生活でエクオールは増やせる?食生活の見直しでエクオールを増やす

 

5429418.jpg
日本や中国などのアジアに比べると、欧米はエクオール生産量が低いです。
エクオールを含む食材の1つとして挙げられる大豆を、普段から摂取しているアジアの人は、欧米よりもエクオールの生産量が高く、更年期が来たことによる不調も少ないとされています。

 

大豆の食文化が浸透しているアジアの国では、エクオールの量が低いことはありませんが、それでもエクオールを作れない人がいないわけではありません。
食生活を見直すことによって、不足がちになっているエクオールを増やしていきましょう。

 

またエクオールサプリも合わることで、より効果的です。

 

何を食べればエクオールは増える?

大豆イソフラボンが良いのは本当!ただし吸収率が悪い・・

13468888.jpg
エクオールを作るための成分を持っている食材は、大豆イソフラボンです。

 

畑の肉とも言われ続けている大豆は、醤油や味噌、納豆などの原材料ともなっています。

 

日本の食卓にも馴染み深い食材であり、健康を支える食材としても効果のある大豆。

 

食物繊維や脂質、カルシウムやビタミン、タンパク質などを豊富に含んでいるため、栄養素をしっかり摂りたいという方にもおすすめの食材です。

 

 

ポリフェノールの一種とされているイソフラボンは、大豆一粒の中に、0.2%~0.3%しか入っていない貴重な成分です。

 

このイソフラボンはアグリコン型とグリコシド型という2つの種類に別れており、体へ吸収されていく率も違ってきます。

 

アグリコン型は8割、グリコシド型は2割程度しか体に吸収されていきません。

 

ダイゼインは吸収されやすいが・・・

14637179.jpg
ダイゼインというのは、イソフラボンの中でも最も吸収されやすい成分の1つです。
大豆食品である大豆には14.4、味噌には49.7、醤油には0.9の大豆イソフラボンが含まれています。

 

そのため、ダイゼインを摂取する場合は、大豆を多く摂るほうが効果的となっています。

 

食事をとっても意味がないことも

16868275.jpg
大豆や味噌、醤油には、体に吸収されやすい大豆イソフラボンのアグリコン型が多く含まれています。

 

ですが、これらの食材を意識して摂取するようにしても、エクオールが必ず増えるというわけではありません。
大腸の中に腸内細菌というものが棲んでおり、この腸内細菌の1つであるエクオール生産菌には、大豆イソフラボンをエクオールへと変換してくれる役割があります。

 

ですが、大豆をいくら食べてもエクオールが増えないという人は、このエクオール生産菌が無い可能性があります。
エクオール生産菌が大腸に無い場合は、いくら大豆を食べても、エクオールが増えることはありません。

 

エクオール生産菌が無いと、大豆イソフラボンはそのまま体内に吸収されていくだけとなってしまいます。

 

ですが、エクオール生産菌を持つ人でも、エクオールの生産ができなくなってしまうことはあります。
腸内細菌は食生活によって乱れやすく、食生活での栄養が不足してしまうと、エクオールが生産できなくなってしまいます。

 

ですがこれは一時のことなので、時期が過ぎたり、食生活を改善すれば、またエクオールが作れるようになります。

 

 

エクオールの主な成分とは?効果・効能

エクオールを作る成分とされている大豆イソフラボン。その効果や効能はどういったものなのか、説明していきます。

 

 

大豆イソフラボンの働き

女性ホルモンと化学構造が相似形である大豆イソフラボンは、植物エストロゲンとも呼ばれています。

 

女性ホルモンのエストロゲンは摂取することが難しく、更年期や出産後に不足しがちになったり、突然活性化して乳がんを発症させるリスクを持っています。

 

大豆イソフラボンは不足してしまったエストロゲンの代替物となってくれるほか、活性化したエストロゲンを鎮静化させて、活動を抑える働きを持っています。

 

また、骨粗相症の予防にも効果的なので、女性の方でも、更年期を迎えた方は栄養を摂るために大豆イソフラボンを摂取することをおすすめします。

 

 

エストロゲンを抑える理由

活性化したエストロゲンの働きを抑えることのできる大豆イソフラボンには、エストロゲンが不足して発症する病気と、エストロゲンが増加して発症する病気、どちらにも対応する効果があります。

 

大豆イソフラボンがエストロゲン受容体と結合することによって、エストロゲンの不足を補います。

 

増加している場合も、活性化しているエストロゲンを抑制するために働くので、大豆イソフラボンは病気の予防や改善に役立ってくれます。

 

 

腸内にエクオール生産菌があってもエクオールサプリは必要?

エクオールを作ることのできるエクオール生産菌を持っている女性は、2人に1人という確率です。

 

エクオール生産菌をもっていても、サプリメントを飲む必要はあるのでしょうか?

 

エクオール生産菌

エクオールを生産してくれるエクオール生産菌。これは、誰でも持っているわけではありません。

 

女性の2人に1人が持っていないとされており、エクオール生産菌が無いと、腸内でエクオールを生産することができず、エストロゲンが不足したり活性化した場合、対処が取れないままになってしまいます。

 

そのため、エクオールが腸内で作れない人は、エクオールサプリメントでエクオールを摂取するしかありません

 

エクオールは絶対必要?

出産後や更年期障害になると、女性ホルモンは大きく乱れ、エストロゲンが不足してしまいます。

 

これは、エクオール生産菌を持っている人でも同じことです。エストロゲンは通常、摂取することが難しい成分とされています。

 

そのため、エストロゲンと同じ働きをしてくれるエクオールで体調を整える必要があります。ですが、大豆を摂取して大豆イソフラボンをエクオールに変換しても、食事によって補えるエクオールは少なく、毎日大豆を食べないといけないと考えると億劫にもなりますよね。

 

簡単にエクオールを摂ることができるエクオールサプリメントを使うと、エクオールを腸内で生産できない方でも、エクオールの摂取が可能になります。

 

エクオールサプリについて

エクオールを増やす

16391533.jpg

 

一言に食生活の改善と言っても、すぐに始めるのは難しいですよね。

 

また、エクオール生産菌がないからといって、エクオールの生産を諦める必要はありません。
そんな時に使用するのが、エクオールサプリです。サプリメントなので簡単に飲むことができるため、食生活の改善方法を調べる必要もありません。

 

エクオールサプリを使用すれば、エクオール生産菌を持たない人でもエクオールを増やして、更年期障害によって起こる症状を緩和させることができます

 

更年期障害を改善

17414030.jpg
まず、エクオールサプリの効果として有名なのは、更年期障害を改善させる効果です。
更年期障害の症状には、動機や息切れ、理由もないのにイライラしたり、突然憂鬱な気分になったりするものがあります。

 

女性の自律神経を整えて、感情や脳の働きをコントロールする役目をもっているエストロゲンが不足してしまうと、こういった症状を起こすようになり、更年期障害となってしまいます。
エストロゲンの分泌は年齢と共に下がっていき、40代後半には激減してしまうことから、ほとんどの方がその時期に更年期に入り、更年期障害を起こしてしまいます。

 

エストロゲンと同じ働きをしてくれるエクオールは、更年期障害の症状を抑えるため、自律神経を正常に整えて、心身を安定させる効果があります。
腸内の環境や、もとからの体質でエクオール生産菌を持っていない人は、特に更年期障害の症状が重くなりがちです。

 

そういった時に対処するために、エクオールサプリを服用するようにしましょう。
食事でもエクオールを摂取するのが難しいこともあるため、エクオールが不足している時には、エクオールサプリで補うようにしましょう。

 

シワやシミを消す美容効果

9461028.jpg

 

女性の肌は、一定の期間が過ぎると、新しい肌へと生まれ変わっていきます。
これをターンオーバーと言いますが、年齢を重ねるにつれて、ターンオーバーする周期は段々と伸びていってしまいます。

 

ターンオーバーにも女性ホルモンは欠かすことができず、肌の生まれ変わりを促進させるには、エストロゲンの力が必要不可欠となっています。

 

もちろん、エストロゲンと同じ働きを持つエクオールも、肌の生まれ変わりを促進させる効果があります。
エクオールを摂取することによって、ターンオーバーを正常化させ、ハリのある肌を維持させることができます。

 

また、エクオールにはシワを改善する作用も含まれているため、美容効果を期待したいという人にもおすすめです。

 

更年期になるとターンオーバーのための新陳代謝も衰えてくる他、女性ホルモンのバランスが乱れてくるので、普段からエクオールサプリを服用していれば健康を維持するだけでなく、顔のシワやシミを消して、うるおいのある肌を保つことができます。

 

生活習慣病やメタボ対策に

17030236.jpg
出産後や更年期になると、女性ホルモンのバランスは大きく乱れてしまいます。
分泌の乱れによって女性は太りやすくなったり、自律神経のバランスも崩れるため、全身の倦怠感に襲われたり、意味もなく気分が落ち込んだりする症状が出てきます。

 

体を動かすことにも億劫になってしまうことがあるため、基礎代謝の量が一気に激減して、メタボになりやすくなってしまいます。

 

また、セロトニンと呼ばれる成分が不足しがちになるので、イライラが増したり、過食行動をとってしまうので、太ってしまう原因を作ってしまいます。
生活習慣も乱れてしまうので、睡眠不足に陥ったり、血行が悪くなって体調不良をきたしたりするので、注意が必要です。

 

これらに対策するためには、乱れてしまった女性ホルモンを整える必要があります。
女性ホルモンが乱れる原因は、エストロゲンが不足してしまったことから発生します。

 

不足しているエストロゲンをエクオールサプリで補うことによって、メタボ対策や、生活習慣病を予防することにつながります。
更年期に入っていない方でも、出産後に体調が崩れやすい、太りやすいという方は、エクオールサプリを利用してみてください。

 

骨粗相症を予防

17313047.jpg
骨粗相症は、更年期の女性に多く発症しがちの病気として知られています。
更年期障害を起こしてエストロゲンが減少してしまうと、骨の新陳代謝に大きな影響を与えてしまいます。

 

骨の密度と密接に関係しているエストロゲンが不足することによって、細胞間のバランスが崩れ、骨がスカスカになり、脆く弱くなってしまいます。

 

特に45歳から55歳の間は、骨粗相症になりやすいと言われているので注意してください。
エクオールサプリによってエクオールを摂取することによって、エストロゲンの代わりの成分として働き、骨の強度を高めることができるようになります。
更年期障害を改善させることも大切ですが、骨粗相症を予防するためにも、エクオールを日頃から摂取するようにしましょう。

 

エクオールサプリの副作用

エクオールを摂りすぎると太る?

17063753.jpg

 

エクオールは、女性の自律神経の働きを低下させることによって、更年期と出産後に起こりがちになる肥満を防止することができます
エクオールサプリを服用して太ってしまうということはないので心配はいりません。

 

ですが、一日の容量として指定されているよりも多めの量を服用し続けてしまうと、胃痛や便秘、下痢などの症状がでてくる可能性があります。
そのため、エクオールサプリを服用する際は、指定されている使用量をしっかりと確認してから使うようにしてください

 

エクオールは乳がんになる?

 

女性の乳房はエストロゲンによる作用を受けやすい場所となっており、エストロゲンが活性化することによって乳がんになるリスクが高まってしまいます。
エストロゲンと同じ働きをしてくれるエクオールを服用することで乳がんになってしまうと誤解されがちですが、エクオールは大豆イソフラボンを経由することによって、エストロゲンの活性化を抑える作用があります。

 

そのため、エクオールサプリを服用することによって乳がんになるという危険はありません。
逆に、乳がんを予防するために服用することができます

 

子宮筋腫になる可能性は?

15138588.jpg
エクオールサプリを服用することによって、子宮筋腫になることはありません。
また、子宮筋腫になっている方がエクオールサプリを服用する場合でも、飲んではいけないという決まりはありません。

 

ですが、心配の方は、かかりつけとなっている担当医の方に相談してから服用するようにしましょう。
エクオールは子宮筋腫を和らげる作用があるので、エクオールサプリの服用によって子宮筋腫が悪化、発症してしまうことはないので安心してください

 

エクオールサプリの選び方

価格で選ばない

エクオールサプリとして紹介されている商品は多くありますが、価格で選ぶことはしないようにしましょう。
エクオールサプリを選ぶ時に重要になってくるのは、成分とその濃度です。
続けていくのなら安い価格で購入することのできるサプリメントを選びたいと思う方も多いですが、効果がでなければ意味がありません。

 

エクオールサプリによっては、安いものを購入しても効果があまり効かないため、通常より多めに飲む必要がでるものもあり、結果的にコストがかかってしまうことになります。
エクオールサプリを購入する場合には、一日に10mgのエクオールを摂取できるようになっているサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

美容や健康だけでなく、更年期障害によって起きる症状の悩みも消すためには、効果の乏しいサプリメントを選んで肩を落とさないようにしてください。

 

 

漢方薬とエクオールサプリ

 

更年期障害を治すには、エクオールサプリと漢方薬、どちらを選べばいいのか気になりますよね。

 

サプリメントと漢方薬の違いについて紹介します。

更年期障害に効果はあるのか

 

エクオールサプリも漢方薬も、更年期障害を治すことはできます。

 

エクオールサプリは更年期障害によって不足してしまうエストロゲンを補う役目をもっているので、更年期障害によって起こる症状を軽減させることができます。

 

漢方薬も更年期障害の症状を治すことができますが、漢方薬は人によって処方も様々になってくるので、独断で薬を決めるのはやめるようにしましょう。

サプリや漢方薬は何を選べばいい?

 

更年期障害は人によって症状の重さが違ってくるので、いくら更年期障害に効果があるからといって、適当に選んでいいということはありません。

 

サプリメントや漢方薬は、種類によって個人での差が出ることも多いので、購入時から気をつけて選ばなければいけません。

 

サプリメントを購入する場合は、1日にエクオールを10mg服用することのできるものを選ぶようにしましょう。

 

AMCのエクオール+ラクトビオン酸などもエクオールを10mg以上含んでいるのでオススメです。

 

漢方薬の場合は、医者の方と相談しつつ決めるようにしてください。効果があるからといって、安いものを購入しても、なかなか症状が治らないということが起きてしまうので気をつけてください。

 

まとめ

女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをもつエクオール。
それを補うためのエクオールサプリは、乳がんのリスクもあるエストロゲンの活性化を防ぐのと同時に、更年期障害で起きやすい症状を緩和させることができます

 

更年期に入ったことによって体調不良が続いたりするという方は、エクオールサプリを利用して体調管理に励んでみてください。健康を維持するだけでなく、肌の新陳代謝も整えてくれるので、潤いのある肌を手に入れることもできます。

このページの先頭へ